死亡保険

| 未分類 |

生命保険には様々な種類があり、商品毎に特徴も異なります。自身の目的に合った保険商品を選ぶ事で、求める保障を得る事が出来ますので、各種生命保険商品の特徴をますは知っておきましょう。
生命保険の中でも、特に注目の高い分野として死亡時に遺族に支払われる死亡保険です。この保険にもいくつか種類がありますので、いくつかご紹介いたします。まずは、一般的な商品である定期保険です。この保険は保険期間を決める事で、その期間内に死亡もしくは高度障害になった場合にのみ保険金が受取れる保険となっています。期間を決めているため、いわゆる満期を迎えた時点で保障が終了してしまう保険の事です。そしてもう一つが終身保険です。定期保険とは異なり、保険期間が終身のため、一生涯の保障が得られる保険となっています。いわゆる決まった期間が無いため、死亡するまで保障期間が続くという事です。
二つの保険の大きな違いは保障期間を定めるのか、定めないかにあります。期間によって月々の保険料の金額も変わって来ますので、自身の目的によって購入を選択すべき商品です。現時点の家族構成だけではなく、将来的な家族構成を予測した上で検討し購入する事をお勧めします。