主契約と特約

| 未分類 |

1)定期保険2)養老保険3)終身保険の3つで、主契約といわれています。
しかしそれだけでは不安な場合がありますので、オプションが付いています。
生命保険はメインとオプションで成り立っています。
メインのタイプを解説します。
1)定期保険、保険期間を定め、その間に死亡した時だけ保険金を受給できます。
満期で受け取ることは出来ませんので、掛け捨ての保険です。
保険料は、一定期間変わらないのが一般的ですが、年齢が上がるごとに減っていくタイプや、下がるタイプがあります。
2)養老保険、定期保険では生存中に本人は保険金を受け取ることが出来ませんが、このタイプは満期時には保険金が受け取れますので、楽しみがあります。死亡保険金と満期保険金は同額です。
3)終身保険、定期保険同様、死亡した時のみ、保険金が受け取れますが、保険期間は一生涯続きます。
特約は、メインの契約に様々なオプションを付けることによって、保険の機能を充実させていくことが出来ます。
しかし、オプションのみの単独での契約はすることは出来ませんので、メインの契約が満期等で終了すると、オプション契約も無くなります。
一方メインの契約は、メイン単独での契約をすることが出来ます。