生存保険

| 未分類 |

生命保険は、人の死亡のリスクに対しての備えが基本にありますので、死亡保険を重点的に考えられるものでありますが、日本での生命保険の歴史は、人の死で金儲けをするのかという誤解もあって、貯蓄型の保険が、主流でありました。
戦後は、貯蓄性の高い保険から、保証の大きな定期付き養老保険に移行してきました。
近年はがん保険など第3分野の保険を足掛かりに外資保険が日本の生保業界に参入してきたり、バブル期には変額保険が注目されてきました。
こうした中、バブルが崩壊し、日本の社会はどんどん高齢化社会に進行しています。
高齢化社旗に対する期待と、不安が高まってきました。
生存保険金とは、一定期間生存していれば、保険金が貰える保険のことで、長生きのリスクに備えた保険と言われています。
死亡した場合には、保険金が支払われないのが特徴と言われています。
長生きが出来るのは、結構なことですが、年金原資の財源不足が深刻です。
この為、国は財源確保の為に保険料の引き上げや、開始年齢を引き上げたりして対応をしておりますが、国の年金だけに頼っておられないような状況になってきました。
この為、国の不足分の対応を個人で対応しなければならなくなりました。個人年金保険の登場です。
現在市場に出ている個人年金は、生存している場合に年金を毎年受け取れるタイプと、生死に関わらず一定期間受け取れるタイプ、両者を組み合わせたタイプと様々なタイプがあります。