生死混合保険

| 未分類 |

保険とは、元々障害・死亡に対しての備えという意味もあって、これらを保険事故として、保険金が支払われるものです。
しかし、死亡で保険金が支払われることだけでなく、貯蓄としての楽しみを味わいたいと考えも、もっともなことです。
これら、死亡及び高度障害に重点が置かれた保険を死亡保険といいますが、一定期間生存していれば保険金が支払われる保険を生存保険といいます。
これらの保険に対して、生死混合保険とは、万が一の備えにも重視し、貯蓄としての楽しみにも重視した保険で、死亡の時にも・又一定期間経過にも保険金が支払われることになります。
この代表例が、死亡と生存を1:1にした養老保険です。
この保険のメリットは、死亡した場合でも、満期でも、いずれにしても中途解約をしなければ保険金を受け取れることです。
又、必要なお金を準備出来ることです。
しかしこの保険にデメリットは、生死のどちらにもウエイトをおいている為に、保険料が高くなり、どうしても家計費を圧迫します。
満期になると、補償が無くなる。急な出費に対して換金しにくい等の欠点があります。
又、長期の契約故、満了後に受け取れる金額が、支払った保険料に比べ、妥当な金額かといえば、少々疑問が残ります。
しかし、保険とはそんなものだと割り切って、その期間無時であったことを感謝し、僅かでも貯蓄出来たことを思えば、いい保険だと思います。